歯の土台から細菌をできるだけ減らし、天然の歯を守ることを最優先に考える。
             口の中から病気の予防を考えませんか?
いずみ歯科医院の「根管治療」「歯周病治療」

当院は「根管治療」「歯周病治療」に力を入れています。
レントゲンを見ながら、歯の根と歯の間の病気を発見し、根本的な治療を行います。
なぜこれらの治療をおすすめするのかをご説明させていただきます。

根管治療とは
  • 歯の神経が通っている部分(根管)を徹底的に清掃・消毒して薬剤を詰め、細菌が繁殖するのを防ぐ治療方法です。
  • 歯は無菌であれば病気にかかりません。
  • むし歯が神経まで達し、そのまま放置すると細菌は歯の土台の骨を溶かし、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯周病治療とは
  • 歯周病は、お口の中の細菌が増殖して毒素を出すことで、歯肉や歯を支える骨が破壊されていく病気です。
  • 細菌のかたまりである歯石やプラーク(歯垢)を、専門の器具を使って徹底的に取り除きます。
  • 「骨の再生療法」を行うこともあります。
根管治療・歯周病治療が必要な人が放置したらどうなる?
  • 根管で細菌が増殖し、歯を支える骨を溶かします
  • お口の中で増殖した細菌は血流に乗り、全身に影響を及ぼします
  • 歯周病は歯の上部から、根の方は下から骨を溶かしてしまいます
根管治療・歯周病治療で健康的な口内環境を

01 お口の中の細菌をできるだけ減らします!
02 天然の歯を守ります
03 歯の土台を整え、むし歯や矯正、審美歯科治療が行いやすくなります

こんな方はどうぞお早めにご相談ください!

・抜歯するしかないと言われた
・天然の歯からインプラントにするよう進められた
・よく虫歯になる・歯が弱いと言われたことがある
・昔神経を抜いた歯があり、たまにうずくことがある
・歯肉の色がわるい・はれている
・ブラッシング中によく血が出る

これからの歯科は「歯を治療しない」ことを目標に、患者様に指導できることが必要だと思います

どんなに高価なセラミックやインプラントを施しても、天然の歯には勝てません。
当院ではできるだけ天然の歯を残し、歯を削らないための治療や指導が必要だと考えています。
歯を削って、人工的な詰め物やかぶせものをすることは、細菌増殖のリスクが出るなど口の中に影響し、結果、歯の寿命が縮まってしまいます。
根管治療・歯周病治療は歯の土台を健やかに保つために必要な治療で、細菌をできるだけ除菌し、むし歯リスクを減らします。
治療期間や費用について、一人ひとりの症状によって変わるため、まずは定期検診でチェックしませんか?

医師のインタビュー

当院の院長は歯科学生の頃から「歯内療法学講座」で研究をおこなっていました。
歯内療法=根管の治療を指します。天然の歯を残すために日々診療を行なっています。

院長 和泉 正行のインタビューはこちら

歯の根管治療・歯周病治療 専用サイト
いずみ歯科医院
無料通話 0066-9803-219926(TEL 03-3643-5918)
住所:〒135-0047 東京都江東区富岡1-5-1 クレール門前仲町2F

診療項目:保険診療 / 入れ歯・義歯 / 虫歯 / 歯周病 / 親知らず / 口腔外科 / 矯正歯科 / 小児歯科 / 予防歯科 / 美容診療 / ホワイトニング

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:00~19:00 × ×

※第3土曜日のみ:10:00~13:00/14:00~17:00診療しています。